訪問介護 訪問介護員等の員数とは

指定訪問介護事業所における訪問介護員等の員数は、常勤換算方法で2.5人以上と定められている。

指定訪問介護事業所における訪問介護員等の員数については、常勤換算方法で2.5人以上と定めれたが、これについては、職員の支援体制等を考慮した最小限の因数として定められたものであり、各地域におけるサービス利用の状況や利用者数及び指定訪問介護の事業の業務量を考慮し、適切な員数職員を確保するものとする。

居宅基準第5条第1項

 

第5条 指定訪問介護の事業を行う者(以下「指定訪問介護事業所」という。)が当該事業を行う事業所(以下「指定訪問介護事業所」という。)ごとにおくべき訪問介護員等(指定訪問介護の提供に当たる介護福祉士又は法第8条第2項に規定する精霊で定める者をいう。以下この節から第4節までにおいて同じ。)の員数は、常勤換算方法で2.5以上とする。

基準省令「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」

 

内容についての質問

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です